関西の興信所の料金体形

料金体形について

料金体形というと、「〜〜が○○円」といった物の相場ですが、関西の興信所でもこの料金体形は存在するのでしょうか?

 

既に、興信所や探偵事務所について調べたことがある人は、調査に掛かる金額、調査費用が高額になることを知っていると思います。

 

浮気調査を1日6時間で1週間行ったとしたら、だいたいですが、30万円から50万円の費用が掛かると思います。

 

この料金の内訳を簡単に説明するなら、料金の80%ほどが人件費の料金になります。
人件費とは、調査を実際におこなう調査員の自給にあたります。
平均ですが、どこの興信所でも7000円以上15,000円未満での人件費計算をおこなっています。
ですから、ここでは、30万円から50万円という計算が妥当だと私は思います。

 

もちろん、興信所の料金体形はこの調査員の人件費だけではありません。
調査で使った機材の使用料金から、尾行で使用した交通機関の交通費、車を使って移動をしたガソリン代などの料金が合計されたのが、興信所の詳しい料金体形になるのです。

 

全てのとは言いませんが、関西だけではなく全国の興信所では、以上の料金体形で計算をしていることが多いです。

 

他にも成功報酬などの特別な料金体形があるので、それは後ほど解説をしていきたいと思います。